3Dビューアーを必要としないライノモデル共有方法:Rhinoからhtml出力

プロジェクト関係者にライノモデルを共有したいが、先方は3Dモデルに親しみがなく、作業手間を考慮すると3Dビューアーをインストールしてもらうのは少し気が引ける。そんな経験はありませんか。

このような場合、以下のような対応策があるかと思います。

  • 大抵のPCにデフォルトで入っていて、普段から利用しているソフトウェアで開けるフォーマット(htmlやpdfなど)にライノモデルを変換して送付する
  • オンライン3Dビューアー(ONLINE 3D VIEWERなど)でライノモデルを開いてもらうようお願いする
  • WEB上に3Dモデルをアップロードして、そのURLを送付する

それぞれ長所短所はありますが、今回は一例としてRhinoからhtmlで出力する手順について書いてみます。

Rhinoからhtml出力する手順

今回はIrisというプラグインを用いて行います。Irisを利用することで、ライノモデルをWEBブラウザで表示可能なフォーマットで出力が可能になります。Irisは無料ですが、90日ごとに下記URLから再インストールが必要です。

food 4 Rhino のIrisのダウンロードページ

インストールが完了したら、html出力をしたいRhinoモデルを開きます。今回はRhinoのロゴのサンプルモデルを利用します。

Rhinoのロゴのサンプルモデル

正常にIrisがダウンロードされていれば、Save asやExportを行うとファイルの種類に下記3つのフォーマットが追加されます。

  • Iris html Archive:単一のhtmlファイルで出力
  • Iris web Archive:app, data, ui, indexが別々のファイルで出力
  • Iris json Archive:単一のJSONファイルで出力

目的に応じてファイル形式を選択して、ファイルを出力します。今回はIris html Archiveを選択します。

Exportのウィンドウ

Iris html ArchiveかIris web Archiveで出力する場合は、OptionのUIをYesに設定することで、下図のようにブラウザ上で表示モードやビューなどを調整することができます。

ブラウザ上での表示

これで完了です。Rhinoで設定したNamed Viewやマテリアル設定は引き継がれるので、ブラウザ上で見やすいようにRhinoで設定しておくと良いと思います。

以上となります。ビジュアルを確認する際に3Dは有効ですので、必要に応じて試してみてください。

maruyamahiroo

主にBIM関連業務を担当。BIMの技術的内容やマネジメントについて書いていきます。前職は意匠設計事務所。サウナ、サイクリング、乃木坂が好きです。

シェアする

1件のコメント

  1. ライノのファイルをブラウザに投げると表示できるサイトがいくつかありそうです。
    ファイルのサイズ制限があるようですが以下のサイトが良くできているように見えます。
    https://mccad.jp/webapp/3dm-viewer/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

twelve − 5 =

コメントする