Dynamoを使ってRevitに複数のファミリタイプの梁を作成する

BIMオーサリングツールを使っている人は世界中のさまざまな分野にいますが、その全員が 1つのツールだけを使っているわけではありません。また、RhinocerosやAutocad-Revitなどでの、BIMオーサリングツール間のデータコラボレーションも数多く行われています。

最近シンテグレートでは、異なるBIMオーサリングツール間のリンクやコラボレーションの方法について、さまざまな調査やテストを行いました。 特にRhinocerosやAutocadから作成された線を用いて構造梁、設備のパイプ、ダクトを作る方法については、綿密な調査を行いました。

残念ながらこの記事では、Dynamoを使用した上記の作業の方法は取り扱いません。 今回ご紹介するのは、上記の作業で繰り返し発生している問題についてです。

構造又は設備モデリングが他のBIMオーサリングツールで実行され、設計されたデータがRevitの要素に変換されるとしましょう(図1)。

図 1_線をRevitエレメントに変換

設計が進み、各設計ステージのLODが増加するにつれて、梁のタイプ、配管のタイプ、ダクトのタイプは増加します。各タイプのサイズが変更される時にも、Revitでファミリタイプを手動で追加するか、既存のファミリのパラメータを変更する必要があります。様々なファミリタイプを手動で作成するのは、なかなか面倒な作業です。

図 2_増加する要素のグラフイメージ

では、Dynamoを使用してRevitに複数の構造フレーム(=梁)のファミリタイプを作成する方法を見てみましょう。これにより半自動的に多くのファミリを作成でき、モデリングの作業が少し楽になります。

以下にこの記事で使うソフトのバージョンを示します。

  • Revit version 2021
  • Dynamo 2.6.1
  • Excel

Revitのプロジェクト及びファミリのセットアップ

新しいRevitプロジェクトを作成し、プロジェクトに使用する適切な梁のファミリを選択してRevitプロジェクトにロードします。

図 3_Revitでファミリの追加

必要なファミリを追加したら、プロジェクトのBEPまたはファミリ命名システムを参照して各ファミリの名前を設定し、ビームのパラメータを設定します。

図4_ファミリー命名システムと梁サイズのパラメータ

今回作成したDynamoを使用するためには、「図5」のようにファミリごとに少なくとも1つのファミリタイプが必要であり、「図4」のパラメータ名と同じパラメータ名に設定する必要があります。

図 5_ファミリ名とパラメータの設定結果

梁リストの作成

Dynamoスクリプトでは、Excelファイル「図6」を読み、データを使用して複数のタイプを作成します。

  • ファミリ名(Family Name)は、使用する梁のファミリを定義する項目です。
  • タイプ名(Type Name)は、ファミリのタイプ名を定義する項目です。
  • 梁のタイプ(Beam Type)は、各ビームの寸法パラメータを定義する項目です。
  • 梁のサイズ(Beam Size)はパラメータで設定されてる梁のサイズを定義する項目です。
  • Excelのシート名(Sheet Name)は、Dynamoで使用するシートを定義する項目です。
図 6_梁のサイズ表

複数なサイズの梁のファミリタイプの作成

作成した全体的なスクリプトがあります。スクリプトは、Data-shapeとClockworkのノードをそれぞれ1つずつ使用しまして、それ以外のすべてはOOTBノードで構成されています。

図 7_全体的なダイナモスクリプト

Dynamoを実行して結果を確認してみましょう。

図 8_Dynamoを使用して複数の梁のファミリタイプを作成

ここまで説明した内容を順番に設定して進めれば、今回のDynamoのスクリプトも問題なく実行できると思います。また、このスクリプトはRhinocerosやAutocadで作成された線をRevit要素に変換したり、新しいファミリタイプの追加など異なるBIMオーサリングツール間のコラボレーションが必要な場所で適切に使用すると効果的だと思います。このアイデアで、この記事で紹介したように設定すれば、Revitのほとんどのファミリタイプ(配管、ダクトなど)もDynamoを使って作成できると思います。

より詳しい情報を知りたい方、使用したDynamoスクリプト等が欲しい方は、こちらまでご連絡ください。

youngcheol.jeon@syntegrate.jp

Youngcheol Jeon

現在日本でBIMコンサルタントとして働いています。 韓国にいた時は、EPC会社で4年ほどプロジェクトマネジメント業務に従事していました。 主にAutodesk RevitとDynamo、Navisworks、BIM360を使っています。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + thirteen =

コメントする