ホストモデルとリンクモデルの干渉位置に開口部を作成する方法

前のブログアーティクル「クラッシュボール: Navisworksでの干渉チェックをRevitで確認する方法 (Link)」では、BIM 業界で広く使用されているソフトウェア(Revit)について説明しました。

Revit などの BIM オーサリングツールは多くの場合、作業範囲や分野が異なるチームによって、複数のモデルを組み合わせながら使われます。プロジェクトのメンバーは、それぞれの分野の設計の確認や干渉チェックのために、異なるチームのモデルを常にホストモデルにリンクさせます。

この記事で見せたいのはホストモデル「意匠」とリンクモデル「構造」間の状況です。ホストモデルの壁を貫通するリンクモデルの梁が多数ある場合、壁と梁には干渉が生じていると言えます。壁面プロファイルを 1 つずつ変更したり、各梁のサイズに適合する開口部を作成したりするのは煩雑ですし、手作業で行うのは不可能かもしれません。そこで、Dynamoを使った半自動的な壁への開口部の作成方法を紹介したいと思います。

このコンテンツの Dynamo スクリプトを作成する方法は、前のブログ記事の Dynamo スクリプトよりも簡単ですが、BIM モデリングと連携する高度な作業プロセスになります。したがってBIM モデルの調整について十分に理解する必要があります。
では始めましょう。

以下にこの記事で使うソフトのバージョンを示します。

  • Revit version 2021
  • Dynamo 2.6.1.
図 1, 2_意匠の壁要素 & 構造のビーム要素

まず、とてもシンプルな壁と梁を、ホストモデルとリンクモデルにそれぞれ作りました。

リンクモデルの選択とエレメント抽出

Dynamo スクリプトの一部を下に示します。複数のリンクモデルがある場合は、特定のキーワードを使用して必要なモデルのみを選択し、そのモデルからデータを抽出します。(図3参照)

図 3_Dynamo Script – リンクモデルの選択と要素の抽出

また、ピンクのグループのスクリプトではホストモデルからジオメトリ(データ)を抽出しています。(図4参照)

4_Dynamo Script – ホストモデルの壁要素の抽出

次に、Revit 要素をDynamoジオメトリに移動します。(図5参照)
転送されたデータを使用して、ホストモデルとリンクモデルの間に干渉があるかどうかを分析し、干渉の場所、適切な開口部のサイズのデータを抽出して、開口部を作成することができます。

図 5_Revit要素をDynamoのジオメトリーに変換

干渉した壁のリストを作成

このDynamo スクリプトでは、リンクモデルのビーム要素と直前に抽出したホストモデルの壁要素との干渉を識別し、リストを作成しています。(図6参照)
その理由は、干渉の原因となっている梁と壁を正確に特定し、干渉している梁と一致する壁要素を順番にリスト化するためです。

図 6_Dynamo Script – 干渉した壁のリストを作成

開口部のサイズと配置位置を抽出

干渉梁と一致する壁要素のリストを順番に作成したら、適切な開口部のサイズを抽出し、正確な配置位置を特定します。(図7, 8参照)
また、このスクリプトではパラメータを使用して、開口部の周囲に余裕分のスペースを設定できます。今回は各幅と高さをそれぞれ100 mmずつ設定しています。

7_Dynamo Script – 開口部のサイズと配置位置を抽出
図 8_開口部のサイズと配置位置を抽出の結果

開口部を作成

これで、ホストモデルの壁に干渉する梁のための開口部を作成する準備が完了しました。あとはただDynamoの実行ボタンをクリックするだけです。
実行して結果を確認してみましょう。( 図9参照)

図 9_開口部を作成

Dynamoスクリプトが適切に設定されている場合は、Dynamoを直接実行しなくても、Dynamoプレーヤーを使用して処理に必要なパラメータを設定する事で、より簡単に実行することができます。(図10参照)

図 10_Dynamo プレーヤーで開口部を作成

読者の方はお気づきかもしれませんが、壁を貫通する要素であるダクト、パイプ、ケーブルトレイなどの場合にも、このビームと同様のプロセスで干渉を避けた開口部を作ることができます。
また、本稿で紹介した機能は、設計段階だけでなく、施工段階でも活用できます。例えば開口部のデータを使用して、壁の施工前に施工準備を行うように、事前に建築図面上の全ての開口部にマークを付けることができます。これにより、施工が完了した開口部の解体や再構築などの不要な作業を削減することができます。

より詳しい情報を知りたい方、使用したDynamoスクリプトが欲しい方は、こちらまでご連絡ください。

youngcheol.jeon@syntegrate.jp

Youngcheol Jeon

現在日本でBIMコンサルタントとして働いています。 韓国にいた時は、EPC会社で4年ほどプロジェクトマネジメント業務に従事していました。 主にAutodesk RevitとDynamo、Navisworks、BIM360を使っています。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 16 =

コメントする